0120-456-956
酒器 / 片口

片口の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

主に蓋のない器の縁に注ぎ口があるタイプの酒器のことを指します。
室町時代から江戸時代頃は徳利からまずお酒を片口に移してから銚子、ないしは盃に注ぎました。日本酒を注ぐ以外にも料理を入れる食器として用いられ、現在女性を中心に秘かな人気を博しております。
お持ちの片口のご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

片口

片口の高価買取ポイント

どのような片口が高値買取になりやすいのか

酒器のみならず向付など食器としても使用されており名前は知らなかったけど形は知っているという方も多いのでしょうか。
片口の歴史は古く縄文土器にも用いられた造形です。
高額買取になりやすい片口とはそんな歴史のある、古い片口が先ず挙げられます。
茶陶として名高い桃山陶は酒器としても人気が高く、中でも古唐津の片口は酒器コレクター垂涎の品のひとつです。このような古陶磁に入る片口は高値買取対象になります。
また中川自然坊など著名な作家や陶工による片口も高額で買取される可能性があります。
現代作家ですと深見文紀も新進気鋭の陶工として買取強化対象作家の一人です。

片口に関しては漆芸でもよく見られるため時代の古い蒔絵の片口などもまた高額買取対象となり得ます。根来塗や浄法寺塗の片口でよい感じに枯れたものは民芸としての評価も加味され陶磁器の片口よりも高額査定となることもございます。

片口の高値査定ポイント

古い古陶磁ですと発掘品より伝世品の方が買取における評価は高めです。これは酒器買取のみならず古陶磁全般的に当てはまります。出土品は傷が多く、発掘した破片と破片を合わせた「呼び継ぎ」の器も少なくありません。一方で伝世品は誰が手にしていたかまでは不明ですが少なくとも人から人の手をへ渡り伝わったものです。当然完品の可能性も高いのは伝世品です。保存状態の良し悪しは片口だけでなく骨董品や美術品の買取査定全般に関わることです。もし片口のご売却を検討中でしたら必ず割れや欠けなどの傷の有無をご確認下さいませ。

高額査定になりやすい古い片口を見分けるポイント

時代の古い片口は景色もよく見所もあり、素朴ながら美しさがあります。
古唐津の片口は流し掛けの釉薬の妙が美しく、古備前の片口では窯変が魅せる景色が絶妙です。
また酒器ではありませんが六古窯のひとつ越前焼の片口壺も有名です。小型の片口壺は主にお歯黒に使われた鉄漿(かね)を入れていましたが片口の買取としましても伝世品でしたら十分に高額査定となり得ます。

古い漆器の片口では表面から艶やかな新しさが消え枯れたような落ち着いた朱に何とも言えない趣きを感じます。
もし価値があるかどうかわからない片口がございましたら是非私たち酒器専門買取店「江戸市川」へご相談下さいませ。

片口に関するよくある質問

片口の査定や買取で費用は発生しますか?

いいえ、私たち酒器買取専門「江戸市川」では片口など酒器や骨董品の査定や買取に際し手数料はいただいておりません。加えて全国出張買取も無料で承っております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

酒器ではなく食器の片口なのですが査定や買取可能でしょうか。

酒器はもちろん食器としての片口も査定や買取させていただいております。その他にも片口壺など骨董品としての片口も査定買取いたしますのでご不要な片口がございましたらお声掛け下さいます様お願い致します。

使っていない片口がありましたがホコリで汚れています。査定アップには掃除した方がいいですか?

ホコリや汚れはつけたまま、そのままの状態で構いません。骨董品など清掃中に誤って傷をつけてしまい却って査定評価を下げてしまうケースが間々ございます。

片口の買取相場はどのくらいですか?

お持ちの片口の内容により買取価格は変動します。古陶磁や希少性の高い片口、また作家性のある片口は高額買取となる可能性がございます。作られた時代や作家によって買取価格は異なり、また査定時の経済情勢も酒器や骨董品の買取相場に強く影響します。

実家整理中です。価値のある片口かわからないので不燃ゴミで処分を検討しています。どうしたらよいですか?

価値がないと思われている片口でも高額査定となることがございます。先ずは酒器買取専門「江戸市川」のご連絡いただければ幸いです。

片口の歴史

片口とは

片口は口縁の一部に注ぎ口がついた器の総称です。酒器としてはもちろん食器としても用いられるなど用途は様々です。器の口縁に注ぎ口を付けることは効率がよく大変合理的な造形だと思います。

酒を盃に注ぐ器には徳利が有名ですが最近では片口も人気のようです。片口は酒の香りをよりダイレクトに楽しめるのも魅力のひとつですね。
土ものの片口は日本酒を柔かな味わいにしてくれます。燗は徳利で、と思われる方も多いかもしれませんが片口もまた粗熱をとってくれるため温めた日本酒を飲むには最適の酒器です。陶磁器製片口では備前焼と唐津焼が人気を二分しています。

ガラス製の片口は冷やした日本酒に最適です。見た目も涼しく形状やカラーバリエーションも徳利に比べて豊富なため女性がプレゼントとして購入されることも少なくありません。
雑味がないため吟醸酒など香りを楽しむ日本酒に向いているかもしれません。

金属製の片口ですと錫製の片口に人気があります。金や銀に比べて価格もお手頃なことに加え、抗菌性が高いという錫の特性が酒器に大変向いているため片口だけでなく盃やお猪口といった酒器全般に用いられております。
錫製の片口は口当たりがまろやかになるため新酒などに向いているかもしれません。