0120-456-956
昆虫標本

昆虫標本の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

昆虫標本の買取・査定は「江戸市川」にお任せ下さい。
昆虫標本は学術的要因と鑑賞的要因の二つの理由から作られており、中にはコレクターズアイテムとして高額買取となる標本も少なくありません。
そして「江戸市川」は昆虫標本の買取・査定をさせて頂いている数少ない業者のひとつです。
もしお持ちの昆虫標本のご売却や処分を検討されていましたら「江戸市川」へお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

昆虫標本

昆虫標本の高価買取ポイント

どういった昆虫標本が高値買取になりやすいのか

高額買取となりやすい昆虫標本は人気の昆虫であるかどうかが重要です。
モルフォ蝶やハナムグリ、タマムシ、また海外産カブトムシやクワガタムシ、さらにバイオリンムシやハナカマキリなど珍しい形の昆虫にも人気があります。
またバラで一匹ずつというよりもきちんとドイツ箱に収集された昆虫標本の方が高値買取となりやすい傾向にあります。
ご自身で捕獲し収集された昆虫標本も珍しい個体であればきちんと適正価格が付く場合もございます。

昆虫標本は学術性も高いため「採取した場所」「採取した年月日」「採取者の市名」「昆虫の学名」などが入っているラベルがきちんとあると高値買取となるケースも見受けられます。

昆虫標本の高額査定ポイント

昆虫標本の査定において重要なことは昆虫の保存状態です。特に翅や足は傷みやすいため注意が必要です。
また昆虫標本の査定はワシントン条約によって定められた規定に沿って行います。一部のトリバネアゲハなど譲渡・販売・展示の一切が禁止されている種に関してはお客様自身も懲役の対象となる恐れがございますので遵守のほどよろしくお願いいたします。

昆虫標本に関するよくある質問

昆虫標本の鑑定料や査定料、出張料金やキャンセル代などはかかりますか?

「江戸市川」は査定料や出張料、キャンセル料金などの手数料はいただいておりません。加えて全国出張買取も無料で承っておりますので是非お声掛け下さいませ。

箱に入っていないバラの昆虫も査定や買取してもらえますか?

バラでも昆虫によっては買取可能です。先ずはご相談くださいませ。

昆虫標本の買取相場を教えて下さい。

昆虫標本も人気種をきちんとラベリングしドイツ箱に収集したものとバラのものとでは大きく買取相場も異なり一概にいくらと申し上げることが難しいジャンルとなります。
1個体100円単位のものから2万円から3万円の幅と非常に大きいため、もしお手元に価値があるかわからない昆虫標本がございましたら「江戸市川」へ一度ご相談下さいませ。

木箱のガラスにホコリが溜まっているので査定前に掃除した方がいいですよね。

昆虫標本の査定にドイツ箱のガラスのホコリはあまり影響しませんので現状で構いません。逆に誤ってガラスを割ってしまったり昆虫標本が外れ標本に傷をつけてしまう恐れもございますのでご心配であればそのままの状態でお願い致します。

昆虫標本の歴史

昆虫標本とは

昆虫標本には昆虫分類学的観点から作られた昆虫標本と鑑賞用として作られた昆虫標本の二種類あります。
そもそも分類学とは多種多様な生物の比較をすることで研究結果を導く学問であり「類似している昆虫同士を他と区別しグルーピングを行い体系化すること」が必要となってきます。
比較のために分類学上の昆虫標本にはラベルが必須です。ラベルとは採取場所・年月日・採取した人物といった情報が記入されたもので昆虫標本には欠かせないデータの一部です。

また一方で鑑賞用の昆虫標本も人気があります。
これは分類学とは関係がなく、主に東南アジアや中南米のお土産品として販売されている場合も少なくありません。
中でもモルフォ蝶やハナムグリなど大型の蝶や甲虫に人気が集中しております。鑑賞用に飼育された個体を標本にする場合もありますが一方で乱獲も危惧されておりワシントン条約にて規制されている種も少なくありません。
鑑賞用の昆虫標本は学術目的ではないためラベルを必要としておりませんが、人気種は産地や学名なども昆虫標本蒐集家の鑑賞対象であるため必要となってきます。