0120-456-956
骨董品

骨董品の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

骨董品の買取は「江戸市川」にお任せ下さい。
骨董品と一言で申し上げましても、酒器をはじめ茶道具や煎茶道具、陶磁器、工芸品、彫刻、仏像、掛軸などの美術品や鑑賞陶磁器からアンティーク時計・古時計・古民具などの生活骨董、または古書・古文書・古写真といった紙製のものなど身近になる古い道具と多岐に渡ります。

「江戸市川」ではそれぞれのジャンルで精通した鑑定士が一点一点丁寧且つ詳細に査定買取させて頂いております。
もしお持ちの骨董品のご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

骨董品

骨董品の高価買取ポイント

どんな骨董品が高額買取されるのか

骨董品とは日本美術や西洋美術、中国美術、朝鮮美術といった分野や酒器、茶道具、古陶磁、書画、昭和レトロなど様々なジャンルの総称になります。
欧米ではアンティークという言葉は100年以上前に制作されたものという定義がありますが、骨董品は「古い美術品」「古い工芸品」「古い道具」と時代性が曖昧で「価値があるかどうか」の判断はジャンルによって異なります。

例えば酒器や茶道具は桃山時代の古陶磁が極上品とされ、高額買取対象の骨董品となります。桃山時代は1580年代になりますので400年以上前ですね。一方で昭和レトロのソフビ人形にも高額買取可能なものもございますが、文字通り昭和時代に製造されたものになりますので約50年くらい前のものとなります。
骨董品の高額買取にはもちろん「時代のある古いもの」であることは大前提なのですが、各ジャンルによって「古いもの」の感覚は異なり、買取相場もそのジャンルの市場ニーズが大きく影響します。
そのため骨董品の中には持ち主様にとっては「価値がないもの」と思われていたものがコレクターにとっては「かけがえのないレアアイテム」や「希少性の高い美術品」である可能性が大いにございます。

私たち「江戸市川」では各ジャンルに精通した鑑定士がお客様に寄り添った鑑定と査定を心がけております。ご自宅にある古い物や価値のわからない物等の処分や売却をお考えでしたらお気軽にご相談くださいませ。

骨董品の高額査定ポイント

骨董品の各ジャンルによって高額査定ポイントは異なりますが、全てのジャンルにおいて一致しているのが「保存状態の良し悪し」と「付属品の有無」です。
掛軸や書画、仏画、浮世絵などの紙の骨董品は虫食いや破れなどの傷みや湿度によるシミは査定においてマイナス評価となってしまいます。また古伊万里や古染付といった陶磁器に欠けや割れ、ニュウなどのヒビがありますとやはり査定ではマイナス評価となってしまいます。
アンティークドール・ビスクドールでは指やボディに割れや欠けはないかといった具合に各骨董品で査定上のチェックポイントは異なりますのでご不明な点があれば担当の鑑定士にお尋ねください。現在の相場を知る鑑定士であれば査定評価をした上で適切な買取価格を提示できると思います。

付属品とは例えば箱の有無やご購入時の領収書、公式機関の鑑定証の有無などになります。
特に箱があるのとないのとでは骨董品の買取評価は大きく変わってまいります。茶道具や作家による作品、掛け軸などのジャンルでは「由来」や「伝来」「作家による共箱かどうか」は査定において大変重要なポイントとなります。
骨董品には贋作がどうしても付いて回るため「作家自らが自分の作品であることの書き記した共箱」や「以前は誰が持っていた骨董品か伝来や由来を示す箱書き」があることにより作品の信ぴょう性を増すこととなるからです。

ご購入時の領収書や公式な鑑定証のも骨董品の信ぴょう性を増す客観的証明の一つとなり得ます。戦後の高度経済成長期に作家による陶磁器や絵画といった人気の骨董品は有名百貨店や画廊で高額取引されており、その時の領収書が査定においてポイントとなることがあります。また棟方志功や河井寛次郎といった贋作が大変多い作家に関してはそれぞれ専門の鑑定機関があり、そこの鑑定書があるとプラス評価となり高額査定となる傾向にあります。

骨董品に関するよくある質問

骨董品の査定見積もりや出張買取に費用はかかりますか?

「江戸市川」では骨董品査定や出張買取に関する手数料を一切いただいておりません。また無料にて全国出張買取も承りますのでお気軽にご相談くださいませ。

蔵の整理をしていたらお碗や盆、鉄瓶と色々な骨董品が出てきました。どれに価値があるのか分からず困っています。どうしたらいいですか?

江戸市川では大量の骨董品でも一点一点拝見し丁寧な査定をさせていただいております。量が多い、サイズが大きくて持ち運べないなどお困りでしたら是非「江戸市川」にご相談下さいませ。
弊社ではお客様のお気持ちに寄り添った査定を心がけ、より一層精進する所存でございます。

陶磁器など汚れている骨董品は査定の前に清掃した方がいいですよね?

ありのままの状態で構いません。汚れを落そうと掃除された際に破損させてしまう恐れもございます。汚れていても適正な買取価格をご提示させて頂くのでご安心くださいませ。

登録証のない日本刀が見つかったのですが買取可能ですか。

申し訳ございませんが登録証の再発行手続きをしていただく必要がございます。その際は刀剣の登録方法などご説明させていただきますので一度ご相談いただけましたら幸いです。

キズや破損のある骨董品は買取可能ですか?

骨董品の内容とキズや破損の程度にもよりますが買取可能です。著名な作家の作品などはキズがあっても場合によっては高額買取も可能となりますので一度ご相談いただければと存じます。

骨董品の買取相場を教えて下さい。

骨董品のジャンルは幅広く、一概にいくらと申し上げることは困難です。また経済情勢や市場ニーズも買取相場には大きく影響しますので経済と商品知識に富んだ買取店へのご依頼をお薦め致します。

骨董品の歴史

骨董品の鑑定と査定の違い

美術品や骨董品の鑑定をして値段をつける人気番組がありますが実際の骨董品や美術品の鑑定と査定は少々意味合いが異なります。

鑑定とは専門的な知識を持つ専門家が化学的や統計学的アプローチや感覚的な観点から分析し真贋を判断することを指します。古陶磁や書画などの箱に「〇〇識」といった裏書は〇〇という専門家や有識者が鑑定をし真作と判断したという証明書きになります。茶道具では三千家の家元や大徳寺といった茶道と禅に縁のある寺の住職などの裏書が多く見受けられます。

ここで大切なことは鑑定は真贋判断であり「買取価格や市場価格を決めることではない」ということです。
テレビの鑑定団で提示される価格はあくまで担当した鑑定士の主観でありテレビ的演出でもあるので正確な査定額というわけではありません(実際その様な旨の注意書きもされております)。
真贋判断の難しい美術品では個別の作品や作家にのみ対応した鑑定機関が存在します。
例えば渋谷の東急百貨店にあります棟方志功ギャラリー内・棟方志功鑑定委員会は棟方志功作品専門の鑑定機関として有名です。
専門機関は鑑定を行う機関のため査定は行っておりません。

一方の査定とは「売却可能な価格を算出すること」を意味します。また査定額はその時の市場のニーズや経済状況にも左右されるため定まった金額を毎回提示するというわけではありません。
骨董品や美術品の査定の現場では鑑定と査定を行います。
市場の評価は真作に対してのみ行われるため、「真贋を判断し、市場としては価値が付かない贋作」を見極めねばならないからです。
真贋の判断が重要なことはもちろんですが、査定には「現在のトレンド」を読む力が必要となります。戦後の高度経済成長期に盛隆を極めた骨董品や美術品のトレンドと今現在のマーケットのニーズは全く異なります。

また各買取店の持つ個別の販売ネットワークも買う力・高額査定には重要です。現在は店頭に行き商品を購入するよりもEC(イーコマース)でのお取引を重視されているお客様が増え骨董品や美術品の売買スタイルも変わりつつあります。
そして、これはアナログな発想ですが、査定とは最終的に店とお客様、人と人との信頼の結果かと存じます。骨董品を次の方に繋ぐということはお客様の御心やお気持ちも次の方に引き継ぐことでもあります。大切にしてくださる方への橋渡しこそが私たち「江戸市川」の本懐となります。
「江戸市川に頼んでよかった」というお客様の一言こそが私たちにとって最大の利益です。
骨董品・美術品の査定の際には「江戸市川」にご相談いただけましたら光栄です。