0120-456-956
絵画

絵画の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

絵画の買取・査定は「江戸市川」にお任せ下さい。
絵画はジャンルや技法によりいくつにも分類されております。
私たち「江戸市川」では油彩画をはじめ水彩画、日本画に洋画さらに現代アート、またシルクスクリーン、リトグラフ、木版画、銅版画(エッチング)、そして浮世絵とそれぞれの絵画に精通したスタッフ査定買取の対応をさせていただいております。
もしお持ちの絵画のご売却や処分を検討されていましたら「江戸市川」へお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

絵画

絵画の買取対象品

絵画の買取対象作家

▼洋画家買取対象一覧

あ行
相笠昌義・青木繁・青木敏郎・朝井閑右衛門・浅井忠・安彦文平・有元利夫・石黒賢一郎・生島浩・池田満寿夫・石川滋彦・居島春生・礒江毅・伊藤清永・糸園和三郎・猪熊弦一郎・浮田克躬・牛島憲之・卯野和宏・梅原龍三郎・瑛九・海老原喜之助・大畑稔浩・大藪雅孝・大矢英雄・岡鹿之助・岡田謙三・岡田三郎助・岡本太郎・荻須高徳・小木曽誠・奥谷博・刑部人(おさかべじん)・小田切訓・織田廣喜(織田広喜)・織田広比古・小田和典・小野末・小尾修

閉じる ▲ もっと見る ▼ 無名作家のお品物も買い取ります!

絵画の高価買取ポイント

どういった絵画が高値買取となりやすいのか 

絵画と申し上げてもその種類は日本画や西洋画、油彩、水彩、現代アート、木版画、銅版画、リトグラフなど多岐に渡ります。そしていずれの絵画も著名作家や高名な画家の作品は高額買取となりやすい傾向にあります。
特に日本国内では戦後の高度経済成長期に百貨店や画廊などでご購入された有名画家の作品が今現在の絵画市場において高額買取となる可能性が大いにございます。

絵画高額査定のポイント

絵画には「旬」というものがございます。今最も市場の熱が高いのが「現代アート」でしょう。
コンテンポラリーアートとも呼ばれており、現代社会の情勢や意義、また思想などを反映し表現したアート作品を指します。昨今ではバンクシーがTWITTERやインスタグラムといったSNSを駆使し発表していることで話題となっております。現代アートは、誤解を恐れずに言えば投機性をはらんでおり、高騰化していることも事実です。
日本の現代アートでは草間彌生や奈良美智、村上隆などが最も高額買取となる作家ではないでしょうか。 

逆に昔は人気があったが今は旬が過ぎてしまった絵画もあります。
文人趣味の盛隆と共に南画と呼ばれる作品が高額取引されておりましたが現在では流行ではなく南画の買取価格はそれほど高くはありません。日本最後の南画家として知られる富岡鉄斎の作品も一時に比べましたら査定評価は下がっているのが市場の判断となってしまいます。

絵画高額売却のポイント

絵画を高額で売却するには先ず保存状態の良し悪しが大きく影響します。油彩画ですと剥離やカビ、日本画や掛け軸ですと湿気によるシミや破れなどの傷みは査定においてマイナス評価となります。

また絵画は最も高額で売買される美術品でもあるため贋作、つまり偽物、イミテーションが大変多く存在します。そのため査定時には共箱や共シール、また「どこで購入したか」など入手経緯や「以前は誰が所有していたか」来歴や旧蔵がわかる証書などといった付属品はあるとよいでしょう。
さらに高名な作家の作品ですと共箱や共シールも偽造されている事例も多く発生しておりますので画廊や百貨店などの領収書などもあれば尚よいでしょう。

絵画に関するよくある質問

絵画の鑑定料や査定料、出張料金やキャンセル代などはかかりますか?

「江戸市川」は絵画に関する査定料や出張料、キャンセル料金などの手数料はいただいておりません。加えて全国出張買取も無料で承っておりますので是非お声掛け下さいませ。

絵画の買取時に必要なものはなんですか?

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど顔写真がありご本人様確認が容易で、現住所が記載された身分証明書をご用意くださいませ。

絵画を売ったことを周りに知られたくないのですが…

出張買取査定の際は社名のない自家用車でお伺いしますのでご安心ください。また弊社ではお客様の個人情報管理を徹底しており第三者への漏えいはございません。

絵画買取の成立後にキャンセルすることも可能ですか?

絵画買取成立後でも弊社がご提示する買取価格やご説明にご納得いただけない際はキャンセルしていただいて構いません。