0120-456-956
酒器 / その他酒器

その他酒器の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

銚子や瓶子、縄文土器・弥生式土器などの土器類、また角樽・指樽など樽類、燗するための道具やコンプラ瓶、スキットル、デカンタ(デキャンタ)など上記以外の酒器も査定買取対象となります。
酒器ののご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

その他酒器

その他酒器の高価買取ポイント

高額買取となる酒器の種類

・銚子
江戸時代ごろまでの主流でした長柄銚子や提子(ひさげ)で時代の古いものや金工細工の施されたものは高額買取酒器の対象となります。また金属製、蒔絵や染付、ガラス製の銚子も時代や作家性または素材によっては高値買取となりやすい傾向にあります。純銀製の銚子ですと重量も査定ポイントとなります。

・土器・土師器・須恵器(縄文土器・弥生式土器など)
縄文土器や弥生式土器、土師器などの土器を酒器と見立てる場合、発掘品が多いということもあり保存状態は取りあえず盃などの形をしていれば酒器として成立するのですが土臭さの有無が酒器として重要となってまいります。古墳時代の須恵器も焼成温度が高いため土器に比べれば土臭は少ないのですが発掘品であることが多いためどうしても土臭さが付いて回るでしょう。野趣横溢な酒がまた面白いのですが酒器買取においては注意が必要です。

・酒樽(指樽・角樽)
指樽や角樽を今現在酒器として用いている方は少ないかもしれません。指樽や角樽は祝儀時の贈答用に用いられた酒樽になります。古い酒樽になりますと金蒔絵が施され、大変豪華な装飾のものや根来塗の素朴ながら品格のあるものなども存在します。民藝の要素もあるため時代のある古い酒樽は高値買取対象となります。

・酒燗器
日本酒を燗する際に用いる酒器の総称となります。
古民具や古道具として人気のある酒器で、質が高く時代もある古い野燗炉や燗銅壺などは金工芸品としても評価されており高額査定対象の酒器のひとつです。古民家などからの酒器査定依頼で長火鉢と一緒に拝見させていただくことも少なくありません。

・コンプラ瓶
コンプラ瓶とは17世紀ごろ海外に輸出していた醤油を入れるための容器になります。
主に波佐見焼で生産されました。
瓶の上部には「JAPANSCHZOYA」や「JAPANSCHZAKY」などと手書きの呉須で書かれています。波佐見焼はコンプラ瓶のほか「くらわんか碗」でも有名で小振りなくらわんか碗は酒器にも転用されており、いずれも人気のある酒器のひとつです。

・スキットル
スキットルはウィスキーなどアルコール度数の高い蒸留酒を入れ携帯するための容器であり、日本語では蒸留酒用小型水筒と訳されております。
チタン製・ステンレス製・錫製(ピューター)・純銀製とスキットルのほとんどが金属製です。

・デカンタ(デキャンタ)
デカンタはワインをボトルから注ぎワインの酸化を促したり「澱」との分離を促進させるデカンタージュ(デキャンタージュ)のための容器が本来のデカンタ(デキャンタ)となりますが、ここで水差しの「カラフェ」なども含ませて頂きたいと思います。
デカンタ(デキャンタ)のほとんどがガラス製ですので、高額買取対象としましてはバカラやサンルイといった高級クリスタルガラスメーカーのデカンタが挙げられるかと思います。
またエミール・ガレやドーム・ナンシーといった高名なガラス作家によるアンティーク水指しは西洋アンティークとして高額査定対象となります。

古代ギリシアよりワインが飲まれていたこともあり時代のある古い陶磁器製のデカンタ(デキャンタ)や水指しも高値買取の可能性がございます。
ただ古代ギリシアの黒絵式(黒像式)水差しや赤絵式(赤像式)水差しは考古学的観点からも価値が高いのですが現存するほとんどがレプリカとなりますので査定の際注意が必要です。
戦前のオールドノリタケのデカンタや水差しは金盛りの技法やアール・ヌーヴォー様式やアールデコ様式のものもあり高額買取となる可能性がございます。

酒器の高額査定ポイント

酒器だけでなく骨董品売却全般に言えることですが、保存状態の良し悪しは査定に大きく影響します。特に酒器の場合割れていて水が漏れるような状態ですと酒器として使うことができませんので査定評価としてはマイナスとなります。

また古い酒器に関しましては贋作やイミテーション、複製品にもご注意ください。
例えばコンプラ瓶は古民具として人気があるため現在でも当時の写しが作られております。オールドバカラのデカンタ(デキャンタ)や水差しはバックスタンプのないものが多いのですがオールドバカラ自体が高額で取引されるためイミテーションも少なくありません。
エミール・ガレやドーム兄弟も大変贋作の多いガラス作家として知られております。

そういった状況を少しでも防ぐためにデカンタや水差しご購入時の領収書や箱といった付属品の有無が酒器やガラス工芸などの美術品査定において必要となって参ります。バカラやサンルイといった有名メーカーの製品は箱があると査定アップに繋がりますので箱の有無をご確認下さいませ。
古い酒器や古陶磁ですと「以前は誰が所有していた」といった来歴・伝来なども参考にさせていただくこともございます。

その他酒器に関するよくある質問

酒器の鑑定料や査定料、出張料金やキャンセル代などはかかりますか?

「江戸市川」は酒器に関する査定料や出張料、キャンセル料金などの手数料はいただいておりません。全国出張買取も無料で行っております。是非お声掛け下さいませ。

割れや欠けのある酒器は買取可能ですか?

状態にもよりますが、たとえ割れや欠けがあっても希少性の高い古陶磁や高名な作家作品などは買取が可能なことが多いです。先ずはご相談いただけたらと存じます。

蔵に酒器がたくさんありました。酒器が汚れているので査定前に洗った方がいいですか?

そのままの状態でで鑑定に出すことをお薦め致します。無理に掃除をされますとかえってキズをつけてしまい査定価値を下げてしまう恐れもございます。価値の高い酒器は汚れがあっても適正な買取価格を提示させていただきます。

デパートで購入した作家物ですが普段使っていました。使っていた酒器も買取可能ですか?

はい、買取させていただきます。作家による作品でしたら共箱やご購入時の領収書などもご用意いただくと査定がよりスムーズかと思います。