0120-456-956
酒器 / ワイングラス (シャンパングラス・シェリーグラス)

ワイングラスの高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

ワインを飲む際に用いられるグラスです。バカラやサン・ルイなど高級クリスタルガラスメーカーなどは高額査定対象となります。
また江戸時代のガラス製のワイングラスやアールヌーヴォー様式・アールデコ様式のアンティークグラスもまた格調高く高額査定の対象となります。
お持ちのワイングラスのご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

ワイングラス

ワイングラスの高価買取ポイント

どんなワイングラスが高額買取になるのか

高値買取となりやすいワイングラスはクリスタルガラスのワイングラスです。
バカラやサンルイ、ロブマイヤー、リーデルやマイセン、カガミクリスタルなど高級クリスタルガラスメーカーのワイングラスやシャンパングラスは高額買取対象となります。
またオールドバカラなどアンティークワイングラスも高値査定となる可能性が十分ございます。

ワイングラスの高額査定ポイントは

アンティークワイングラスやヴィンテージグラス、または有名クリスタルガラスメーカー製を前提で申し上げますと、先ずはコンディション・保存状態に良し悪しがワイングラス査定において大変重要となります。
クリスタルガラスは透明度と澄んだ音色、そしてカッティング技術が評価ポイントとなります。ボウルの口縁やプレート、ステムに割れや欠けがあるとマイナス評価となります。
特にアンティークワイングラスなど古いグラスは希少性の観点から傷の有無と経年劣化の程度が査定ポイントとなります。

付属品である箱の有無も査定ポイントのひとつです。有名ガラスメーカーのワイングラスで箱がありますとプラス評価となり高額査定となりやすい傾向にあります。
もしワイングラスの売却をお考え中でしたら箱の有無もご確認くださいませ。

クリスタルガラスメーカー以外のワイングラス買取について

日本の薩摩切子や江戸切子といった伝統的工芸品や藤田喬平や岩田藤七・岩田久利といった有名ガラス作家による作品もまた高額買取対象となります。
時々「各務鑛三造」とあるワイングラスの買取査定依頼を頂きます。各務鑛三は現在のカガミクリスタルの前身・各務クリスタル工芸硝子研究所のガラス工芸作家兼創立者となります。

ワイングラスに関するよくある質問

ワイングラスの出張査定で出張費はかかりますか?

いいえ、「江戸市川」ではワイングラス買取や査定に関する手数料はいただいておりません。全国出張買取も無料で承りますのでお気軽にお声掛けくださいませ。

食器棚に大量のワイングラスがあるのですが価値があるかどうかわかりません。

数の多いワイングラス査定に関しては出張査定をお勧め致します。お伺いし一点一点拝見し価値があるワイングラスかどうか査定させて頂いております。

ワイングラスが汚れているので査定前に掃除した方がいいですよね?

そのままで構いません。ワイングラスの場合、洗浄中に誤って割ってしまう恐れがございます。またその際にお怪我をしてしまう恐れもございますので極力現状のままでお願い致します。

ワイングラスの買取相場はいくらぐらいですか?

ワイングラスの内容によって大きく異なります。大量生産品のワイングラスですとお値段をつけることが難しいお品もございます。逆に1900年代カタログモデルのオールドバカラのワイングラスは1客で2万円以上の査定価格で買取可能なものもございます。

ワイングラスの他に不要な酒もあるのですが買取可能ですか?

はい、酒器買取専門「江戸市川」はブランデー・ウィスキー・バーボン・ワイン・シャンパン・焼酎・日本酒・中国酒といったお酒の買取もさせていただいております。

ワイングラスの歴史

オールドバカラとは

バカラとは1764年フランス国王ルイ15世の許可を受けロレーヌ地方バカラ村に設立されたガラス工場に端を発します。
1816年初めてクリスタルガラスを製造しその後アルクール公爵からの注文品でもあったアルクールをシリーズとして発表し王侯貴族御用達のガラスメーカーとなります。
バカラはルイ18世はもちろんナポレオン三世やロシア皇帝ニコライ二世からも注文を受け高級クリスタルガラスメーカーとして知られるようになります。

オールドバカラとは一般的に1936年以前のバカラ製ガラス工芸を指します。
1936年以前はスタンプマークがなく、グラスの底部分などにバカラのシールが貼られているのみでした。このシールは簡単に剥がれてしまうため現在ほとんど残っておりません。

高額取引対象のオールドバカラですから当然贋作、イミテーションも多く存在します。特にバックスタンプのないオールドバカラはまさしく格好の的です。
そのためバカラのスタンプマークがないオールドバカラの査定や買取は当時のカタログとの照合が非常に重要となります。

なぜオールドバカラが高額買取となるのか、それは単純に古いバカラの方が新しいバカラより品質が高いからです。
当時の王侯貴族愛用のガラス工芸品であったため、今の大量消費社会では考えられない採算度外視の手間のかかるワイングラスなどの制作も可能だったと云われております。
1936年から1969年のバックスタンプが入ったバカラをヴィンテージと呼びます。

1800年代後半からフランスを中心にヨーロッパではアールヌーヴォー、アールデコといった新しい美の様式が誕生します。華やかなカッティングや幾何学的な造形はオールドバカラの真骨頂と言っても過言ではないでしょう。