0120-456-956
買取実績

中国工芸品・色被せガラス・煎茶碗・冷茶碗買取(見立てぐい呑み)杉並区今川にてご実家整理のご依頼より

中国工芸品・色被せガラス・煎茶碗・冷茶碗買取(見立てぐい呑み)杉並区今川にてご実家整理のご依頼より
中国工芸品・色被せガラス・煎茶碗・冷茶碗買取(見立てぐい呑み)杉並区今川にてご実家整理のご依頼より
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年3月
買取品目
酒器茶器/茶道具中国美術
買取品名
ぐい呑み
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。杉並区での酒器・骨董・中国工芸・中国美術買取専門店「江戸市川」です。

 
この度中国工芸の買取でお伺いしました地区は東京都杉並区今川です。

杉並区今川は杉並区北部に位置し杉並区上井草・善福寺・桃井・清水と接する地区となります。

今川の地名は観泉寺にゆかりのある今川氏に因んで付けられたとされております。

今回は先日蝶標本で買取にご依頼くださいましたお客様からのリピート査定となりました。

 

買取いたしました中国工芸は色被せガラスの煎茶碗です。

色被せガラスの技法は清時代の乾隆ガラスが有名です。

乾隆ガラスは清朝第6代乾隆帝の在位時に制作されたガラスを指しますが広義的に清時代に制作されたガラス全般も指します。

ヨーロッパより伝えられた色ガラスの技法に玉石を立体的に削る技法とが融合し中国独特のガラス工芸として確立しました。

鼻煙壷などの乾隆ガラスは当時の調度品として外交でも用いられるようになりました。

 

今回拝見しました色被せガラスはどちらかといいますと切子のような作風です。

ただ日本の薩摩切子や江戸切子とは異なる中国らしい意匠です。

恐らく冷茶用の煎茶碗・冷茶碗かと思われます。元は6客だったものが4客になってしまったそうです。

冷茶碗としてもよいですが、冷酒用のぐい呑みとして見立てても面白そうです。

二度目の査定ということもありご依頼者様と和やかなお時間を共有でき大変嬉しく存じます。

この度は中国工芸・色被せガラスの煎茶碗買取にご用命下さりありがとうございました。

 

酒器・骨董・中国工芸・中国美術買取専門店「江戸市川」では中国土産・中国美術の買取を強化しております。
中国旅行に行かれた際に持ち帰られた中国工芸買取や戦前満州から引き上げの際に持ち帰られた古い中国工芸の買取、買取さらに中国美術のご売却をご希望のお客様は是非酒器・骨董・中国工芸・中国美術買取専門店「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼、ご売却いただけます。もちろん無料査定です。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。 

 

東京都杉並区での中国工芸・中国美術の査定はここから
東京都杉並区での中国工芸・中国美術買取は「江戸市川」にお任せください。

 

東京都杉並区周辺では以下の地区での中国土産・中国美術の買取を強化しております。

・東京都杉並区内

阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻北・西荻南・西荻窪・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田

 

・東京都内

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・中国工芸・中国美術・中国ガラスなど出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。 

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)