0120-456-956
買取実績

中国掛軸の買取(郭沫若・中国政治家/文学者・木版水印)市川市真間にてご遺品整理のご依頼より

中国掛軸の買取(郭沫若・中国政治家/文学者・木版水印)市川市真間にてご遺品整理のご依頼より
中国掛軸の買取(郭沫若・中国政治家/文学者・木版水印)市川市真間にてご遺品整理のご依頼より
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2020年10月
買取品目
書画/掛軸中国美術書道具
買取品名
作家名

郭沫若

付属品
買取エリア
千葉県
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。千葉県市川市での酒器・骨董・中国掛軸買取専門店「江戸市川」です。

 

今回伺いました地区は千葉県市川市真間になります。市川市真間は市川市北部に位置し同じ市川市菅野や須和田、国府台、市川市市川などと接する地区です。

また市川市真間や八幡・菅野一帯は文人・文豪に愛された場所で永井荷風などが居を構えました。そして今回ご紹介する中国人政治家であり文学者もまた市川市真間と縁の深い人物となります。

 

買取対象となりました中国掛軸は中華民国・中華人民共和国政治家であり中国文学者・歴史家として知られる郭沫若の掛軸二幅となります。

とは言っても、こちらは肉筆ではなく木版水印で作られた巧芸品です。

 

郭沫若は中華民国ならびに中華人民共和国の政治家であり文学者、さらに歴史家、考古学者と幅広く活躍した人物として知られております。

原名は郭開貞、諱を開貞、号を沫若、字は鼎堂とします。

1892年四川省出身、母親の影響で物心つかぬうちに漢詩の手ほどきを受け、以降勉学に励みます。

日本へ医学留学生として来日した中国人では魯迅が有名ですが郭沫若も1914年に日本へ医学生として留学しました。

ただ医学の道へ進むことはなく子供の頃より興味があった文学へ傾倒し、1921年中国現代文学の社団「創造社」を設立します。

 

時代の流れもあったかとは思われますが、創造社は急速に左翼化し1925年の5・30事件ごろから革命文学を唱えるようになります。

この頃中国に戻っていた郭沫若は毛沢東の中国共産党に加入し、当時中国で実権を握っていた国民党の蒋介石に追われる形で1928年日本に亡命します。

その地こそが今回中国掛軸の買取依頼がありました市川市です。その際は郭沫若記念館が所在します市川市真間ではなく市川市須和田に居を構えまておりました。

 

拝見しました郭沫若の掛軸は「人民公社般般好」「路线光辉日日新」とあります。1960年に書かれた中国共産党を讃える内容となっております。

郭沫若は文学者であり歴史家です。文化大革命の時には徹底した言論弾圧に遭い、それまで築き上げてきた中国の歴史や文学についての知識や自らの作品を否定しなければ生きられなくなったのは断腸の思いだったことでしょう…と、三島由紀夫のようにナイーブに思いたいのですが郭沫若はその後四人組が失脚するとそれまで讃えていた掌をころりと返し批判をするなど転身の早さでも有名で正直なところ評価が分かれていることは否めません。魯迅が郭沫若のことを才子でありゴロツキであると称するのにはそれなりの確信があってのことだったようです。

 

中国巧芸の技術に木版水印という版画の技法があります。

まるで肉筆のように刷ることができるため巧芸品として人気があります。

今回は完全に巧芸とご承知の上でご依頼者様の御祖父様がご購入された掛軸になります。

ご生前中国に行かれ、市川市真間に縁のある郭沫若の掛軸をお買い求めになられたとのことでした。

「印刷の掛軸でも買取可能ですか?」と時々お問い合わせ頂くことがございます。確かに肉筆のような査定額にはなりませんが巧芸の掛軸を気軽に楽しまれる方も少なくありませんので内容次第ではありますが買取は可能です。今回は中国書画ということもあり控えめな査定買取価格ではございましたが中国掛軸買取としてお預りさせていただきました。

 

郭沫若は書にも長けており、内容はともかく行書体の手本とも言えるかもしれません。

郭沫若の研究は漢詩だけでなく甲骨文字や金石文の研究にも熱心で書家としても知られております。

 

今回買取いたしました郭沫若をはじめ魯迅や愛新覚羅溥儀といった日本に縁のある中国人の書画は需要が高く高額買取対象の中国掛軸となることが多く見受けられます。

しかし木版水印の巧芸掛軸である可能性もあるため中国掛軸の査定買取には注意が必要です。

掛軸を売る・売らないは別としまして、もし価値のわからない掛軸をお持ちでしたら、どういったものなのか掛軸の価値をお客様自身が把握されるためにも掛軸査定にお問い合わせ頂くのはいかがでしょうか。

私ども酒器・骨董・中国掛軸買取専門店「江戸市川」ではお客様のお気持ちに寄り添った掛軸の査定や買取を心がけております。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼・売却いただけます。

もし現在お持ちの掛軸の価値を知りたい、価値がわからないなどでお困りでしたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。もちろん無料査定です。

電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にお声掛け下さいませ。

 

 

千葉県市川市での中国掛軸買取査定はここから↓
千葉県市川市での中国掛軸査定買取は「江戸市川」にお任せください。

 

千葉県市川市周辺では以下の地区での酒器・骨董・中国掛軸買取を強化しております。
・市川市内
行徳(本行徳、行徳駅前、南行徳)、妙典、下妙典、八幡(本八幡)、南八幡、国府台、市川、市川南、真間、須和田、新田、大洲、菅野、東菅野、平田、大和田、東大和田、稲荷木、国分、東国分、西国分、中国分、北国分、堀之内、稲越町、曽谷、宮久保、下貝塚、大野町、大町、南大野、奉免町、柏井町、河原、本塩、塩浜、塩焼、関ケ島、伊勢宿、押切、湊、湊新田、香取、欠真間、相之川、広尾、新井、島尻、福栄、新浜、入船、日之出、宝、幸、千鳥町、加藤新田、高浜町、北方町、本北方、北方、鬼越、鬼高、中山、高石神、田尻、田尻、二俣、原木、高谷、東浜

 

・千葉県
市川市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市、千葉市、船橋市、浦安市、市原市、佐倉市、成田市、銚子市、野田市、習志野市、八街市、香取市、南房総市、勝浦市、大網白里市、館山市、匝瑳市、八千代市、白井市、四街道市、木更津市、袖ケ浦市、東金市

 

・東京都
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市・調布市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・中国掛軸・書道具など出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)