0120-456-956
買取実績

仏像買取(東京都杉並区)仏教美術買取・木造聖観音菩薩坐像買取

仏像買取(東京都杉並区)仏教美術買取・木造聖観音菩薩坐像買取
仏像買取(東京都杉並区)仏教美術買取・木造聖観音菩薩坐像買取
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2022年1月
買取品目
仏像/仏具/宗教関連品
買取品名
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。東京都杉並区での酒器・骨董・仏像・仏教美術買取専門店「江戸市川」です。

 
この度仏像・仏教美術買取のご依頼で伺いしました地区は東京都杉並区になります。

東京23区部西部に位置し世田谷区や渋谷区、中野区、練馬区、三鷹市、武蔵野市と接する杉並区は住宅街が多いことで知られております。

特に浜田山や永福、高井戸、大宮、善福寺などの地区は閑静な住宅地としても有名です。

 

さて、今回買取対象となりました仏像・仏教美術は厨子に納められた木造聖観音菩薩坐像となります。

聖観音菩薩とは多面多臂などの超人間的な姿ではない1面2臂の観音像を指し、様々な姿に変化する観音菩薩の元の姿とされております。

そのことから正観音と称されます。また宝冠や首飾りがあることからも菩薩ということが判断できます。

 

衆生救済のため人間界に近い菩薩の身となった正法明如来の化身であり、六観音の一つに数えられ、地獄道に迷う人々を救うとされています。

聖観音菩薩は左手に蓮華を持つことが一般的ですが水瓶の場合もあり必ずしも定まってはおりません。

 

こちらの木造聖観音坐像はご依頼者様宅の仏壇内で祀られていたものとなります。

ご実家売却に伴う先代様からのご遺品整理の中で仏壇も処分されるとのこと、さすがに仏様は捨てることができないと仏像買取専門でもある弊社にご連絡くださいました。

ご依頼者様は仏像に関してあまりご関心がなかったため、「どういった仏像なのか」「価値がある仏像なのかどうか」など判断がつかないとのことでしたので聖観音菩薩であることと、保存状態などから鑑みた査定価格をご案内し、ご納得いただいた上で仏像買取という形でお預かり致しました。

この度は仏像買取並びに遺品整理にご用命下さりありがとうございました。

 

酒器・骨董・仏像買取専門店「江戸市川」では聖観音菩薩像など仏像の買取を強化しております。
聖観音菩薩坐像買取をはじめ、中国仏像やガンダーラ仏像、クメール仏像、チベット仏像などの古い仏像買取のご相談、さらに金銅、青銅、石仏、木彫りの仏像のご売却をご希望のお客様は是非「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。価値のわからない仏像、処分にお困りの仏像の買取に関しても是非ご相談下さい。

他の買取業者では断られたお品での査定・売却可能です。もちろん無料査定です。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京路杉並区での仏像の買取査定はここから↓
東京都杉並区での仏像買取は「江戸市川」にお任せください。

 

 

東京都杉並区周辺では以下の地区での仏像・仏教美術の買取を強化しております。

・杉並区内

阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・高井戸東・高井戸西・成田・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田

 

・東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市・調布市・小金井市・西東京市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・仏像・仏教美術・キリスト教美術など出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)