0120-456-956
買取実績

古い電笠の買取(昭和レトロ・古道具・古民具・照明器具)東京都江東区

古い電笠の買取(昭和レトロ・古道具・古民具・照明器具)東京都江東区
古い電笠の買取(昭和レトロ・古道具・古民具・照明器具)東京都江東区
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年2月
買取品目
昭和レトロ古道具/古民具
買取品名
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。東京都江東区での酒器・骨董・昭和レトロ・古民具買取専門店「江戸市川」です。

 

今回伺いました地区は東京都江東区になります。

東京都江東区は東京都23区東部に位置し、江戸川区や大田区、品川区、墨田区、中央区、港区と広域に渡り隣接する地区です。

下町情緒あふれる深川と繁華街・錦糸町、さらに南砂や豊洲、東雲といった臨海副都心と多様性あふれる区としても知られております。

 

さてこの度買取対象となりました昭和レトロ・古民具・古道具は乳白ガラスの電笠です。

文明開化と共に電燈が東京を中心に普及し始め、大正時代になりますと色ガラスの技術向上とともに様々な趣向を凝らした電笠が製作されるようになりました。

大正時代に乳白色のガラスが生産されるようになると氷コップや電笠へ用いられるようになります。

買取致しました古い電笠はセルロイドの枠が用いられておりましたので戦後の昭和20年代から30年代にかけて製作された電笠かと思われます。

お話をお伺いしますと、戦前から残るご依頼者様のご実家の取り壊しと建て替えの中でご依頼者様自身で取り外した電笠だということでした。

これぞ昭和レトロといった電笠でしょう。セルロイド製の枠は経年劣化しやすく傷みやすいのですが破損することなく残っておりました。

この昭和20年代にかけての乳白ガラスの電笠は、その実、現存する数も多いため電笠の買取価格としてそこまで高額となることはありません。

ただ味のある昭和レトロ製品として古道具・古民具愛好家からも需要があるためご依頼者様にご納得いただける価格にて買取させていただきました。

この度は昭和レトロ感あふれる古い乳白ガラスの電笠の買取にご用命下さりありがとうございました。 

 

酒器・骨董・昭和レトロ買取専門店「江戸市川」では古い電笠の買取を強化しております。
乳白色の電笠やフリルガラスの電笠買取や大正ロマン・昭和レトロを感じさせる色ガラスの電笠のご売却をご希望のお客様は是非酒器・骨董・昭和レトロ・古民具買取専門店「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。

他の買取業者では断られたお品でも査定・売却可能です。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京都江東区での昭和レトロ・電笠買取査定はここから↓
東京都江東区での昭和レトロ・電笠買取は「江戸市川」にお任せください。

 

東京都江東区周辺では以下の地区での昭和レトロ・電笠の買取を強化しております。
・東京都江東区内
亀戸・大島・北砂・南砂・東砂・新砂・新木場・若洲・夢の島・毛利・住吉・猿江・扇橋・石島・千田・海辺・千石・東陽・東陽町・塩浜・潮見・枝川・辰巳・新大橋・高橋・森下・常盤・清澄・白河・清澄白河・三好・平野・木場・佐賀・福住・深川・冬木・永代・門前仲町・富岡・牡丹・古石場・越中島・豊洲・東雲・有明

 

・東京都
江戸川区、墨田区、千代田区、中央区、港区、大田区、品川区、新宿区、荒川区、足立区など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・昭和レトロ・古民具・電笠など出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)