0120-456-956
買取実績

花入・花瓶の買取り(三代目徳田八十吉・九谷焼買取り)練馬区大泉学園よりご遺品整理のご依頼

花入・花瓶の買取り(三代目徳田八十吉・九谷焼買取り)練馬区大泉学園よりご遺品整理のご依頼
花入・花瓶の買取り(三代目徳田八十吉・九谷焼買取り)練馬区大泉学園よりご遺品整理のご依頼
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年2月
買取品目
骨董品陶磁器
買取品名
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。東京都練馬区での酒器・骨董・九谷焼買取り専門店「江戸市川」です。

 
この度お伺いしました地区は練馬区大泉学園町になります。

練馬区大泉学園は練馬区北西部に位置する地区ですが、同時に西武鉄道池袋線・大泉学園駅周辺一帯を指す地域としても知られております。

同じ練馬区大泉町、東大泉、西大泉や埼玉県新座市、朝霞市、和光市とも接する地区であり、在日米軍の弓キャンプ・ドレイクがあった地としても有名です。

 

さて、今回買取り対象となりました骨董・九谷焼は九谷焼の人間国宝、三代目徳田八十吉の花入・花瓶になります。

三代目徳田八十吉は1933年(昭和8年)に石川県金沢市で生まれ金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻を中退後に、祖父の初代八十吉、父の二代目八十吉に師事し陶芸を学びます。

 

三代目徳田八十吉といえば彩釉磁器でしょう。

彩釉は一見九谷焼の様に見えませんが「青」「緑」「黄」といった青手をベースしており九谷焼の伝統技術を独自に発展させたものと解釈できます。

また三代目の祖父、初代徳田八十吉は青手を得意手としていたこことも影響しているかもしれません。

買取りいたしました徳田八十吉の花入・花瓶ですが残念ながら共箱・栞はございませんでした。

作家ものの査定評価において共箱の有無は重要となりますので、もしお持ちの作家作品の査定をご希望の際は事前に共箱など付属品の有無をご確認くださいませ。

 

こちらの徳田八十吉の花入・花瓶はご遺品整理という形で買取りさせていただきました。

ご実家の建て替えのご予定があるとのことでしたので、ご依頼者様と一緒に形見分けなどされるお品物とご不要なお品物とに分けるお手伝いをさせていただき、可能な限り買取りさせていただきました。ご実家の整理などに期限が迫っている際はお知らせください、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

 

酒器・骨董買取専門店「江戸市川」では骨董・九谷焼の買取りを強化しております。
九谷焼の徳利やお猪口、ぐい呑みといった酒器や九谷焼大皿の買取並びに須田菁華や徳田八十吉、吉田美統といった九谷焼作家作品のご売却をご希望のお客様は是非酒器・骨董・九谷焼買取り専門店「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼、ご売却いただけます。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京都練馬区での酒器・骨董品・九谷焼査定はここから↓
東京都練馬区での酒器・骨董・九谷焼買取りは「江戸市川」にお任せください。

 

東京都練馬区周辺では以下の地区での骨董・九谷焼買取りを強化しております。
・練馬区内 

旭丘・旭町・大泉学園町・大泉町・春日町・石神井・上石神井・上石神井南町・北町・向山・小竹町・栄町・桜台・下石神井・石神井台・石神井町・関町北・関町東・関町南・高野台・高松・田柄・立野町・土支田・豊玉上・豊玉北・豊玉中・豊玉南・中村・中村北・中村南・西大泉・西大泉町・錦・貫井・練馬・羽沢・早宮・東大泉・光が丘・氷川台・富士見台・平和台・南大泉・南田中・三原台・谷原

 

・東京都内

中野区・杉並区・豊島区・板橋区・世田谷区・大田区・品川区・北区・新宿区・渋谷区・文京区・目黒区・港区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・荒川区・江東区・江戸川区・葛飾区・足立区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市など

 

・埼玉県

朝霞市・和光市・新座市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・九谷焼・茶道具など出張買取りを承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。 

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)