0120-456-956
木彫りの熊 / アイヌ民芸 / 木彫りの熊

木彫りの熊の高価買取なら、年間累計買取実績1200件以上の江戸市川が大切なお品を確かな鑑定力で見極めます。

木彫りの熊の査定・買取は「江戸市川」にお任せ下さい。
北海道土産として有名な木彫りの熊ですが、時代のある古い木彫りの熊や作家による作品は骨董品的価値や作家性が加味され高額買取に繋がる木工品になります。
そして「江戸市川」では木彫りの熊を他店より詳細に査定買取させて頂いております。
もしお持ちの木彫りの熊のご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

木彫りの熊

木彫りの熊の買取対象作家

▼木彫りの熊高額買取対象作家

八雲系
伊藤正雄・十倉金之(十倉兼行)・鈴木吉次・土屋金三郎・中里伊三郎【中里自寛・朴瑩)・柴崎重行(志)・茂木多喜治(北雪)・岡本太・上村信光・引間二郎(木歩)・土屋康之助・加藤貞夫

旭川系
松井梅太郎・平塚賢智・砂澤一郎

▼その他のアイヌ彫刻家・北海道彫刻家
藤戸竹喜・中尾龍童・斎藤盛雄・床ヌブリ・堀井清司・平塚賢智・川村エベレ 

無名作家のお品物も買い取ります!

木彫りの熊の高価買取ポイント

どんな木彫り熊が高値買取となりやすいのか

木彫りの熊は木彫り熊や木彫熊、または熊彫とも呼ばれている北海道を代表する木製の民芸品になります。
木彫りの熊で高額買取となりやすいものは「古い木彫りの熊」と「作家の手て作られた木彫りの熊」です。
古い木彫りの熊は「鮭を咥えていない」「変わった形をしている」「スキーなど人間っぽいことをしている」「単純に古くて汚い木彫りの熊にしか見えない」などの特徴があります。

また木彫りの熊は「八雲系」と「旭川系」の二つに大別されます。
八雲系は大正時代に八雲の地で農場経営をしていた尾張徳川家当主・徳川義親の発案で冬の間の農家の収入源として奨励された木彫りの熊に端を発します。その際にベースとなった熊がスイスの木彫り熊で、特徴としてはガラス目に赤い口などが挙げられます。
八雲の木彫り熊は当時の農民美術運動とも重なり徐々に知名度を上げ、各地の品評会で受賞されるまでに至ります。
この時代の八雲系の木彫り熊は高額査定となるケースが多く見受けられます。
加えて八雲系を代表する木彫り熊作家の十倉金之(十倉兼行)や柴崎重行(志)、茂木多喜治(北雪)などの作った木彫りの熊は高額買取対象となります。

旭川系の木彫り熊は諸説ありますがアイヌの木彫をベースに作られ始めたと云われております。まだ検証の余地が残されておりますが初期の旭川系木彫り熊はイクパスイなどアイヌの儀礼用具に付いた熊の表現と似ていることからアイヌの伝統的木彫技術がベースとなっているのではないかとも考えられております。
旭川系木彫り熊の第一人者・松井梅太郎の木彫り熊は高額買取対象となっております。

木彫りの熊の高額査定のポイント

木彫りの熊の査定で大切なことは「保存状態」が挙げられます。
木彫ということもあり乾燥に弱く、割れなどが発生しやすいためです。また木彫りの熊の爪や牙は折れやすく、そういった割れや欠けは木彫りの熊の査定ではマイナス評価となってしまいます。

また木彫りの熊の中には1mを超えるサイズのものもありますが、大きいからといって高額査定となるわけではなく、逆に小さくても時代もある古い木彫りの熊で作行きもよいものは数万円の査定価格を付けさせていただくものもございます。

高額買取となりやすい木彫り熊の作家について

木彫りの熊には作家性があり、有名な作家や木彫家による木彫りの熊は高値買取の対象となっております。しかしながら、著名な作家による木彫りの熊には贋作、イミテーションが存在しますので注意が必要です。中でも柴崎重行の木彫り熊は贋作の数が最も多いことで知られており、より注意が必要となって参ります。

木彫りの熊に関するよくある質問

木彫りの熊の査定見積もりや出張買取に費用はかかりますか?

「江戸市川」では木彫り熊の査定や出張買取に関する手数料を一切いただいておりません。無料に全国出張買取させていただいておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

床の間に飾ってあった木彫りの熊がほこりだらけなのですが査定前に洗った方がいいですか?

汚れが多く、埃に覆われておりましても全く問題ございません。そのままの状態でお見せくださいませ。

祖父の遺品整理中です。木彫りの熊に価値があるか分からず、可燃ゴミで処分を検討中です。どうしたらよいですか?

価値がないと思われている木彫りの熊でも高額査定となることも間々ございます。変わった形の木彫りの熊や古い木彫り熊、汚い木彫り熊がございましたら先ずは私たち「江戸市川」のご連絡いただければ幸いです。

木彫りの熊の買取相場を教えてください。

木彫りの熊と一口に申し上げましても、作られた時代や作行きで評価は異なります。また有名な作家や彫刻家が作った木彫り熊は高額査定となりやすい傾向ですが、需要や市場の評価などから個々のケースで異なります。またその時の経済情勢も相場には影響を与えます。
お持ちの木彫り熊の価値が気になる方は是非「江戸市川」にお問い合わせくださいませ。

木彫りの熊の歴史

木彫りの熊と農民美術

農民美術とはヨーロッパで流行したペザントアートと呼ばれるアート様式です。
ペザントとは農民や農夫を意味し、ペザントアートとはそんな農夫たちが素朴ながらも丹念に作り上げた木製の家具や置物、小物、日用品の総称ということに一般的には定義されております。

日本の農民美術は八雲の木彫り熊と長野県上田が有名です。
八雲は上記の通り、尾張徳川家19代当主・徳川義親の発案でスイス熊を真似た木彫り熊が推奨されました。
一方の長野県上田では洋画家・版画家の山本鼎が中心となり、農家の冬の間の収入源として作られ始めました。義親はスイスの木彫り熊でしたが山本がベースとしたのはロシア農夫による木端人形などの素朴な人形でした。

時代的には山本鼎の農民美術運動の方が早く、八雲の木彫り熊は農民美術運動の影響を少なからず受けたものと言えます。
1928年には木彫りの熊を八雲を代表する農民美術工芸品すべく農民美術研究会が設立されます。その時の受講者が柴崎重行や茂木多喜治、中里伊三郎といった八雲を代表する木彫り熊作家です。

農民美術は昭和初期頃に盛隆を極めますが戦争の悪化により段々と衰えていきます。
それは八雲や旭川の木彫り熊や上田の農民美術も同様です。
そして戦後の高度経済成長期に起こった民芸ブームにより木彫り熊や松本民芸が再び脚光を浴びました。牧歌的で素朴な農民美術は人の心を癒す文化として今も脈々と息づいております。