0120-456-956
買取実績

中国土産・鼻煙壷の買取(中国美術・中国工芸)東京都目黒区より中国土産の買取として

中国土産・鼻煙壷の買取(中国美術・中国工芸)東京都目黒区より中国土産の買取として
中国土産・鼻煙壷の買取(中国美術・中国工芸)東京都目黒区より中国土産の買取として
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年1月
買取品目
中国美術
買取品名
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。目黒区での酒器・骨董・中国土産・中国美術買取専門店「江戸市川」です。

 
この度中国土産の買取としてお伺いしました地区は東京都目黒区です。

東京都目黒区は東京23区部南西部に位置し品川区、大田区、世田谷区、渋谷区と接する特別区となります。

江戸時代の目黒区周辺は孟宗竹の産地として知られており目黒区・品川区はタケノコが名産品だったそうです。

 

さて、今回買取対象となりました中国土産は鼻煙壷と呼ばれる中国の喫煙具です。

鼻煙壷と言われてもピンとこない方もいらっしゃるかと存じます。鼻煙壷は元来嗅ぎ煙草を入れ保存するための小さな瓶になります。

素材は陶磁器製のものから金・銀などの貴金属、また玉石・翡翠・瑪瑙などの石製のもの、さらにガラス製や漆器製のものなど種類も様々です。

鼻煙壷が中国で盛んに使われる様になったのは清王朝時代になります。

先述しました通り、元々は嗅ぎ煙草を入れるための容器でしたので当初は薬瓶などが代用品として用いられておりました。

それが清朝時代になりますと、官窯で鼻煙壷が生産されるようになり鑑賞と愛玩の対象となりました。

そのため時代の古い鼻煙壷は現在でも中国美術品として取引される作品も存在します。

 

今回買取いたしました鼻煙壷は近年製作された鼻煙壷です。

中国らしい唐子が描かれており、そのエキゾチックさから中国土産として人気があります。

瓶の中にはほのかに香りが残っておりました。

こちらの鼻煙壷はご依頼者様が実際に中国へ行かれた際に骨董市で購入された鼻煙壷になるそうです。

中国旅行のよき思い出として大切に戸棚に飾っていたそうですが、元気なうちに終活・生前整理をと中国土産などの中国工芸品の買取にご依頼くださいました。

鼻煙壷のほか、寿山石という石でできた彫刻や置物、中国酒なども中国土産として買取させていただきました。

この度は鼻煙壷の買取ならびに中国工芸品の買取・中国土産の買取にご用命下さりありがとうございました。 

 

酒器・骨董・中国土産・中国美術買取専門店「江戸市川」では中国土産・中国美術の買取を強化しております。
中国旅行に行かれた際に持ち帰られた中国土産買取や戦前満州から引き上げの際に持ち帰られた古い中国土産の買取、買取さらに中国美術のご売却をご希望のお客様は是非酒器・骨董・中国土産・中国美術買取専門店「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼、ご売却いただけます。もちろん無料査定です。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。 

 

東京都目黒区での中国土産・中国美術の査定はここから
東京都目黒区での中国土産・中国美術買取は「江戸市川」にお任せください。

 

東京都目黒区周辺では以下の地区での中国土産・中国美術の買取を強化しております。

・東京都目黒区内

青葉台・大岡山・大橋・柿の木坂・上目黒・駒場・五本木・下目黒・自由が丘・洗足・平町・鷹番・中央町・中町・中根・中目黒・原町・東が丘・東山・碑文谷・三田・緑が丘・南・目黒・目黒本町・八雲・祐天寺

 

・東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・中国土産・中国美術など出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)