0120-456-956
買取実績

日中戦争資料・満州資料の買取(東京都港区白金台)罹患証明書・軍歴証明書

日中戦争資料・満州資料の買取(東京都港区白金台)罹患証明書・軍歴証明書
日中戦争資料・満州資料の買取(東京都港区白金台)罹患証明書・軍歴証明書
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年9月
買取品目
軍隊
買取品名
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。東京都港区での酒器・骨董・日本軍・戦争資料買取専門店「江戸市川」です。

 

お伺いしました地区は東京都港区白金台となります。

港区白金台は港区西南端部に位置し港区高輪、白金や渋谷区恵比寿、品川区上大崎、東五反田と接する地区です。

江戸時代では白金御料地と呼ばれ、高松藩松平家の武家屋敷があったことでも知られております。

 

さて、買取対象となりました日本軍の戦争資料は昭和21年発行の罹患証明書です。

罹患証明書とは従軍中何らかの感染症に罹ったことを証明するための証書となります。こういった証明書は従軍されていた方が復員された際、恩給制度のために必要な書類となります。

画像の罹患証明書には従軍中に中国湖北省にてマラリアに罹ったことが記されております。獨立輜重兵とありますから日中戦争に出征された方の罹患証明書かと思われます。

 

マラリアはハマダラ蚊を媒介として感染する感染症です。マラリアは東南アジアやアフリカなど高温多湿で雨が多い地域で多く見られる感染症となります。

太平洋戦争時は東南アジアで感染したイメージの強いマラリアですが満州など中国大陸で流行したことも報告されております。こちらの罹患はまさに当時の様子を示す貴重な戦争資料・満州資料といってよいでしょう。

この度は大変興味深い日本軍資料・戦争資料の買取にご用命下さりありがとうございました。

 

戦争当時のものは、保存状態次第となりますが、歴史的な戦争資料として買取されることも少なくありません。

もしご実家の整理やご自宅の片付け、またはご遺品整理などで軍歴証明書や罹患証明書をはじめ日章旗や出征旗、千人針、鉄兜や鉄帽、軍服、軍刀、日本軍の写真アルバムなど日本軍関係の資料などが出て参りましたら軍隊・旧日本軍関連資料買取専門店「江戸市川」へお問い合わせ下さい。

 

「江戸市川」では軍歴証明書・罹患証明書買取はもちろん出征旗・日章旗、鉄兜や鉄帽買取、軍服や肩章、勲章・従軍記章買取や日本軍の写真アルバム・戦争資料・軍隊資料買取を強化しております。

「日本軍関係の資料や制服などの価値を知りたい」「遺品整理で身内のだれかが行ったであろう戦争で使った軍服や軍刀が出てきたが処分に困っている」という方はぜひご相談ください。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼、ご売却いただけます。もちろん無料査定です。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京都港区での日本軍資料・満州資料査定はここから↓
東京都港区での戦争資料・日本軍資料買取は「江戸市川」にお任せください。

 

東京都港区白金台周辺では以下の地区での日本軍資料・満州資料の買取を強化しております。

・東京都港区内

赤坂・麻布十番・麻布台・麻布永坂町・麻布狸穴町・愛宕・海岸・北青山・港南・芝・芝浦・芝公園・芝大門・白金・白金台・新橋・台場・高輪・虎ノ門・西麻布・西新橋・浜松町・東麻布・東新橋・三田・南青山・南麻布・元赤坂・元麻布・六本木

 

・東京都内

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市・調布市・多摩市・西東京市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・日本軍関係資料・軍服・軍刀・勲章・従軍記章・肩章・日本軍写真アルバムなど出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)