0120-456-956
買取実績

東南アジア民芸・木製高杯の買取(東京都目黒区)李朝高杯・アフリカ高杯

東南アジア民芸・木製高杯の買取(東京都目黒区)李朝高杯・アフリカ高杯
東南アジア民芸・木製高杯の買取(東京都目黒区)李朝高杯・アフリカ高杯
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年8月
買取品目
民芸
買取品名
李朝工芸
アフリカ民芸
作家名
付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。東京都目黒区での酒器・骨董・民芸・プリミティヴアート買取専門店「江戸市川」です。

 

お伺いしました地区は東京都目黒区になります。

東京都目黒区は東京23区部の南西部に位置し品川区や大田区、世田谷区、渋谷区とも接する特別区です。

目黒区駒場には日本民藝館があることからか、目黒区は日本の民芸買取のみならずアフリカ民芸やパプアニューギニアといった東南アジア民芸、更に朝鮮民芸などの買取査定のご依頼でお伺いすることが多い区かもしれません。

 

買取対象となりました民芸は恐らく東南アジアの木製高杯かと思われます。直系は1mと大きく高杯というよりもテーブルに近いかもしれません。

脚部の高い高杯でこういった木地物の高杯は李朝民芸によく見られます。轆轤で挽かれた高杯は祭器として用いられたと考えられております。そのためこちらの高杯を拝見した時に、李朝の台皿かと思いました。ただ皿の部分が1m近く、轆轤目も李朝の台皿とは異なるように見えました。

そうなるとインドネシア周辺の東南アジアかアフリカの木地となるのですがアフリカの刳り抜きによる高杯は明らかにテイストが異なります。

そういった観点から恐らく東南アジアで制作された木製の高台皿になるのではないかと推察します。

お持ちの方はお亡くなりになられ、ご遺族様もどういった経緯で先代がご入手されたかご存知ないとのことでした。

ただ使い込まれいい具合の「トロトロ」感があり、枯れた風合いが素朴で素敵だったため民芸買取としてご遺族様にご納得いただける価格にて買取いたしました。

この度は大変素朴な民芸・木製の高台皿買取並びにご遺品整理にご用命下さりありがとうございました。

 

酒器・骨董・民芸・プリミティヴアート買取専門店「江戸市川」では東南アジア民芸買取を強化しております。
東南アジアの古い木製雑器買取をはじめパプアニューギニア部族の仮面、アフリカ部族の仮面やアフリカ木工品、アフリカ布などのアフリカ民芸(アフリカ美術・アフリカアート)買取やプリミティヴアートのご売却をご希望のお客様は是非「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京都目黒区での民芸・プリミティヴアートの査定はここから↓
東京都目黒区での民芸・プリミティヴアート買取は「江戸市川」にお任せください。

 

東京都目黒区周辺では以下の地区での民芸・プリミティヴアート買取を強化しております。
・目黒区内

青葉台・大岡山・大橋・柿の木坂・上目黒・駒場・五本木・下目黒・自由が丘・洗足・平町・鷹番・中央町・中町・中根・中目黒・原町・東が丘・東山・碑文谷・三田・緑が丘・南・目黒・目黒本町・八雲・祐天寺

 

・東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市・調布市など

 

上記以外の関東圏内(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・民芸・プリミティヴアート・李朝工芸など出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)