0120-456-956
ブログ
お知らせ
2020年11月18日

【戦前絵葉書買取】古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書の正しい売り方・買取りについてのご案内【絵葉書処分】

 

【古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書の正しい売り方・買取りについてのご案内】はじめに

実家の片付けや遺品の整理中に古い絵葉書を発見し処分にお困りとのお声をよく耳にします。

絵葉書は印刷技術と写真技術の向上により大正時代から昭和初期頃にかけて大変流行したカルチャーとして知られております。

紙製の印刷物ですので大量生産に向いており当時もお手頃な価格帯で販売されておりました。

そのため発見される枚数もそれなりに多く、また汚れや破れ、退色、シミなど劣化しやすいためあまり戦前や戦中の古い絵葉書にご関心のない方にとって片付けの際に可燃ゴミで捨ててしまってよいかお悩みの方は多いのではないでしょうか。特にご遺品ともなれば捨てるには忍びないというのが本音だと存じます。 

 

結論から申し上げますと「古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書は絵葉書買取に強い買取店に買取依頼を」されることをお勧めいたします。

それは何故でしょうか。その理由も含め、これから「どんな種類の古い絵葉書・戦前絵葉書に価値があり高値買取となるのか」「戦前・戦中の古い絵葉書高額査定のポイント」などをご案内したいと存じます。

これから絵はがきを売りたい方、絵はがきを捨てていいのか迷い中の方にとってお役に立てましたら幸いです。

 

 

【古い絵葉書買取】どんな種類の古い絵葉書・戦前絵葉書に価値があり高値買取となるのか

戦前・戦中の絵葉書と一言で申し上げましても一体どういった絵葉書を指すかご存知ではない方もいらっしゃると存じます。

そこでまずは「戦前・戦中の絵葉書の特徴」を簡単に説明させていただきます。

戦前・戦中の古い絵葉書と戦後の絵葉書の見分けはいたってシンプルで「戦前・戦中の古い絵葉書の宛名を書く面には「郵便はかき」「郵便はがき」という文が右から左へ書かれている」ことです。

 

「郵便はかき」という文字が右から左へ

 

この書式の絵葉書は戦前・戦中の絵葉書と思って間違いありませんのでお手持ちに古い絵葉書がございましたらご確認下さい。

この中で「郵便はき」か「郵便はき」か濁点が付くかどうかや住所と文章を分ける仕切り線の有無や高さなどで戦前絵葉書の年代を細分化することが可能です。

明治33年(1900年)の郵便法制定時に「私製葉書」が許可され絵葉書が製作されるようになりました。明治期の絵葉書ほど紙質が薄く、時代が進むにつれ絵葉書の紙質は厚くなるといった特徴もあります。 

ただ戦前・戦中の古い絵葉書の価値に関しては古ければよいというわけではありません。

戦前・戦中の古い絵葉書買取にはその時代ならではのモチーフや絵柄、写真であることが重要です。

これから具体的にご説明していきたいと思います。

 

①中国・満州・朝鮮・台湾などの旧日本統治下にあった地区・地域の風景・建築物が写った絵葉書

戦前・戦中絵葉書で最も重要なことは、その絵柄や写真が「今では見ることができない風景や情景、建築物などであること」です。

その端的な例が戦前の日本統治下にあった満州や朝鮮・台湾などの風景や建物、風土を写した絵葉書となります。

絵葉書は戦前や戦中でも今と同じ様に観光旅行などのお土産として製作されたものが多く、当時有名だった建築物や風景、更には現地に住んでいた人々の服装など風土・風俗といった生活様式を写した絵葉書は今では失われた文化・風景として希少性が高く、当時の文化・風習・歴史を知る上で重要な資料ともなるという一面もあり状態によっては高額買取対象の絵葉書となっております。

 

これら中国や満州や朝鮮・台湾などの風景や建物、風土を写した絵葉書は、当時日本軍に従軍されており中国から帰国された方や満州・朝鮮半島にお住まいだった方、さらに旅行へ行かれた方などがお持ちになるケースが多く見受けられます。

 

②旧日本軍関係の戦前・戦中絵葉書

例えば日本の軍艦や航空機、また戦地での様子を写した軍事郵便などがこれに当たります。

軍事郵便とは従軍した将兵が駐屯地から出した郵便物の総称ですが、その中に絵葉書や現地で撮られた古写真を張り付けた葉書などは現地の様子を知る上で貴重な歴史的資料として評価され、内容次第で高値買取りされる可能性が高いです。

日本の軍艦などを写した絵葉書はミリタリーグッズとしても需要があり、日本軍関係のコレクターズアイテムとしても人気があります。 

 

日本軍関係の古い絵葉書はやはり元軍人の方がお持ちのことが多いかと思われます。特に軍事郵便は軍人の方が現地からご家族やご友人に送られたもののため、エンタイア(使用済みハガキ)となりますが内容によっては高く買取りされるケースも少なくありません。

 

日本国内で「今では見ることができない風景や情景、建築物などを写した」古い絵はがき

例えば空襲で焼けてしまう前の東京市内の写真や広島・長崎市内の風景写真は戦争資料として今でも評価され高額買取り対象となることもございます。

また災害などで失われた建物や風景を写した古い絵葉書も高値買取対象となり得ます。

洪水被害や地震被害を捉えた当時の絵葉書は災害学上の資料としても有効です。

 

④日本画家・洋画家・版画家による版画・肉筆絵葉書

竹久夢二や小林かいち、中原淳一、蕗谷虹児、鏑木清方といった当時高名だった画家・作家の肉筆や版画による絵葉書は作家性が高く評価され高額買取りとなる可能性が大いにございます。

特に竹久夢二は戦後にも再版されるほどの人気でした。

 

⑤海外ポストカード・アンティークポストカード

海外製のポストカードも内容や絵柄次第では十分高額買取り対象の絵葉書です。

アメリカをはじめフランスやイギリス、ドイツ、イタリアなど欧米諸国でも数多くの絵葉書が生産されております。

内容は日本の絵葉書同様、各国の名所・名地を紹介した観光用の土産品が多いのですが海外の絵葉書は戦前にも関わらずカラー仕上げのものが多く見られます。

写真ではなく版画を用いたものや写真に直接色を塗り手彩色したものなど様々です。手彩色の絵葉書は日本での「横浜写真」という名で親しまれている手法でもあります。

 

1920年から40年代のヨーロッパは当時アフリカを統治下に置いていたため空前のアフリカブームとなりアフリカの風景や風土・現地に住む人々の様子を捉えた絵葉書が多く作られた背景があります。

それらアフリカの様子を写した古い絵葉書は現在でも民俗学的に優秀な資料として評価され高値で買取り可能なものも少なくありません。

それはまた同時に負の歴史でもあるため、現在ではあまり表に出したくないという方もいらっしゃると思いますので、その際はご相談ください。

 

 

【絵ハガキ買取り】戦前・戦中の古い絵葉書高額査定のポイント

戦前・戦中の古い絵葉書買取査定で重要なポイントは「保存状態の良し悪し」が第一に挙げられます。

古い紙製であるため汚れやシミ、破れ、退色などの経年劣化が出やすく状態の悪い絵ハガキは査定評価が下がる傾向にあります。

ただ内容次第では状態が悪くても買取可能な絵葉書も少なくありませんので買取店に是非ご相談下さい。

 

また買った当時の袋・タトウ紙が残っている戦前・戦中の古い絵葉書は買取査定評価が上がります。

絵葉書は通常何枚かのセットで販売されます。セットが揃っていますと査定評価としてはポイントが上がりますのでなお良いでしょう。

絵葉書の袋やタトウ紙には何枚入りか記載されたものも多いため、もしお持ちでしたらご確認下さいませ。

 

そして戦前・戦中の古い絵葉書の買取り査定は古い絵葉書に詳しい買取業者にお問い合わせされることが肝要です。

戦前・戦中の絵葉書の買取り価格は高低差が大きく、下は一枚では買取価格が付かないというケースも少なくありません。

それはやはり絵葉書ブームにより相当数の絵葉書が生産された証左とも言えます。

ただ生産枚数が多いからといって全ての絵葉書が低い買取価格ではなく、上記しました種類の絵葉書は高い買取価格になる可能性も十分考えられます。

 

ですが、あまり戦前・戦中の絵葉書に詳しくない買取業者では下の価格でそれら希少性の高い絵葉書も買取されてしまうケースが見受けられます。

当記事をお読みの方の中で古い絵葉書を捨てるのに忍びないとお感じになるのは、「大切にして下さる次の方へお渡ししたい」という思いからだと思われます。

そのためにも是非とも戦前・戦中の絵葉書や古い絵葉書に精通した買取業者へお問い合わせいただければと存じます。

 

 

古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書の正しい売り方・買取りについてのご案内】まとめ

ご遺品の整理やご実家の片付けで大量に発見した戦前・戦中の絵葉書や古い絵葉書の中には高値で買取り可能な絵はがきが存在します。

 

①中国・満州・朝鮮・台湾などの旧日本統治下にあった地区・地域の風景・建築物が写った絵葉書

②旧日本軍関係の戦前・戦中絵葉書

日本国内で「今では見ることができない風景や情景、建築物などを写した」古い絵はがき

④日本画家・洋画家・版画家による版画・肉筆絵葉書

⑤海外ポストカード・アンティークポストカード

 

などがそれに相当します。

 

しかし絵葉書の保存状態などで査定評価が異なりますので当時の袋の有無など含め「古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書に詳しい買取業者」にお問い合わせ下さい。

確かに戦前・戦中の絵葉書や古い絵葉書、アンティークポストカードの買取額は大変幅が大きく、数の多い絵葉書ですと戦前・戦中のものでも一枚では価格が付かないということも少なくありません。

そして一般の買取り業者では戦前・戦中の絵葉書のそういった詳細まではわからず、本来高額買取対象となり得る絵葉書が大変低い価格で買取りされてしまう可能性がございます。

そういったことを防ぐためにも絵葉書に精通した買取業者をお選びください。

 

 

 

私たち江戸市川ではご依頼者様のお気持ちに寄り添った戦前・戦中の絵葉書や古い絵葉書買取を心がけております。

お預りしました古い絵葉書は大切にして下さるコレクターの方を中心にお譲りしております。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼・売却いただけます。

もし現在お持ちの古い絵葉書や戦前・戦中の絵葉書の買取、ご売却や処分を検討されていましたら是非「江戸市川」にお問い合わせ下さい。

電話0120-456-956・メール・LINEでのお問い合わせを承っておりますのでお気軽にお声掛け下さいませ。

 

 江戸市川の戦前・戦中の絵葉書や古い絵葉書買取査定詳細はコチラ↓

古い絵葉書・戦前・戦中の絵葉書の買取・査定は江戸市川へお問い合わせください


酒器・骨董・絵葉書買取専門店「江戸市川」

住所:132-0003江戸川区春江町2-10-15

 

電話:電話0120-456-956

(受付時間午前9時~午後9時)