0120-456-956
買取実績

油彩画・油絵の買取(東京都武蔵野市)山口硯閑『富士』・岡田三郎助師事・ロマン派画家

油彩画・油絵の買取(東京都武蔵野市)山口硯閑『富士』・岡田三郎助師事・ロマン派画家
油彩画・油絵の買取(東京都武蔵野市)山口硯閑『富士』・岡田三郎助師事・ロマン派画家
油彩画・油絵の買取(東京都武蔵野市)山口硯閑『富士』・岡田三郎助師事・ロマン派画家
油彩画・油絵の買取(東京都武蔵野市)山口硯閑『富士』・岡田三郎助師事・ロマン派画家
買取価格
お問い合わせ下さい
買取時期
2021年8月
買取品目
絵画
買取品名
油彩画・水彩画
作家名

山口硯閑

付属品
買取エリア
東京都
買取方法
出張買取

江戸市川鑑定士からのコメント

平素より大変お世話になっております。絵画・油彩画・油絵買取専門店「江戸市川」です。

 

この度は東京都武蔵野市在住のご依頼者様より油彩画・油絵の買取ご依頼がありお伺いさせて頂きました。

買取対象となりました絵画は昭和時代に活躍した洋画家・山口硯閑の風景画『富士』です。

山口硯閑は1900年(明治33年)に現在の東京都で生まれ、明治から昭和にかけて活躍した洋画家・岡田三郎助が設立した本郷洋画研究所に入所し画力を磨きます。

『富士』は葛飾北斎などの浮世絵にも見られるように古くから我々日本人に馴染みのあるモチーフです。山口硯閑の師でもある岡田三郎助も『河口湖』というタイトルで雄大な富士山を描いております。

山口硯閑は「日本のロマン派」と称されることも多いのですがそもそもロマン派とはどういった画風になるのでしょうか。

西洋絵画におけるロマン派とは新古典主義など決まったスタイルからの脱却と、その背景には社会的な抑圧からの反発と解放がテーマとなります。

代表的な画家としてはドラクロワがよく挙げられます。日本の洋画家では藤島武二や青木繁がロマン派の代表として知られております。

ロマン派と言われる画家の作品を見ると作風はバラバラで一見すると何をもってロマン派と定義するか分かりにくいかもしれません。

 

ロマン派とは甘美さや怒り、憤りなどの感情を自由な感性で表現することにあります。

そこにはある種のフィクション、夢幻であり、非現実的な世界観と言えるでしょう。

山口硯閑の『富士』にはロマン派に見られた自然への回帰があります。富士山の麓には小川が流れ水車小屋がある、どこかにありそうな原風景ですが東京出身の山口にとってそれは憧れに近いものだったのかもしれません。事実、山口硯閑は富士山の他にも信州や上高地、黒部峡谷や石神井、井の頭、奥多摩などの風景画を多く残しております。そのほとんどがセピア色調の作品で山口の憧れが体現化された作品かと思われます。 

この度は油彩画・油絵の買取にご用命下さりありがとうございました。

 

絵画・油彩画・油絵買取専門店「江戸市川」では油彩画・油絵の買取を強化しております。
山口硯閑作品買取をはじめ岡田三郎助や藤島武二、青木繁作品のご売却をご希望のお客様は是非「江戸市川」にお問い合わせ下さいませ。

価値のわからない油絵や描いてある内容のわからない絵画の買取査定もご相談下さい。

他の買取業者では断られたお品でもご依頼・売却いただけます。
電話0120-456-956、web、LINEからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

東京都武蔵野市周辺では以下の地区での油彩画・油絵買取を強化しております。
・東京都武蔵野市内

吉祥寺・吉祥寺東町・吉祥寺南町・御殿山・吉祥寺本町・吉祥寺北町・中町・西久保、・緑町・八幡町・関前・境・境南町・桜堤

 

・東京都内

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・府中市・国立市・立川市・町田市・八王子市・調布市・多摩市・西東京市など

 

上記以外の関東圏内(千葉県・埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の市町村に加え全国無料にて酒器・骨董・現代アート・油彩・油絵・版画・リトグラフ・シルクスクリーンなど出張買取を承っておりますのでご遠慮なくご依頼下さいます様お願いいたします。

店舗 酒器・骨董品買取専門の江戸市川

電話 0120-456-956

住所 〒132-0003 東京都江戸川区春江町2-10-15

営業時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)


買取に関する電話 0120-456-956 

受付時間 9:00~21:00(年中無休/土日祝日対応)